ドローン DJI SPARK ランディングギア付プロペラガード取付

インターネットショッピングのサイトを見ていたらSAPAK用のランディングギアが付いたプロペラガードを見つけて早速『ポチッ』と押してみた

中国からの直送とGWの為、2週間ほどかかり到着しました
画像


今までは飛行中はDJI製のプロペラガードを装着して飛行しているが、ランディングギア(降着装置)が無い為、SUPARK本体がマット(発着所用)に着陸せず地べたに接触してしまうことがあった。

これは と思い購入をしてみることに・・・・

DJI製のプロペラガード装着してみると
画像

画像

画像

画像

画像


プロペラは2種類あり、回転方向で決まりがあります。
プロペラに白い◎印がある方には白いマークがあるプロペラガード取り付けます。


ランディングギア付を装着してみると
画像

画像

画像

画像

画像


こちらの方は〈A〉〈B〉があり〈A〉は白い◎印がある方に取り付けます。

両方を比べるとランディングギア付の方が一回り細く意外と頼りない感じがします。
画像

画像

固定方法も違く、DJI製はアームに巻き付けるようにしてロックされます。
ランディングギア付はひっかけるようにしてロックされます。
飛行中には落ちることはないと思いますが・・・・

ついでに重さも計ってみたところ・・・・
画像

画像

 
1gしか違いませんでした。
それだけランディングギア付は薄く制作されているってことですよね・・・・

ついでに・・・・
画像


3本足でも立つことができることを発見

画像




GWに近くの公園に飛ばしに行きました。
いつもこんな感じで一人寂しく大空を見上げてます。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック