ダイハツ エッセにLEDバルブ取付~ またドジった(>_<)

またまたダイハツ エッセの話になるが・・・・・

最近の車はHIDヘットライトやLEDヘットライトが装着されている車輛が多く非常に明るい
まして街燈までLED化している。

その為か、自分の車のヘットライトが非常に暗い感じがする。
信号待ちなどしていると後ろに停車した車のヘットライトの方がぜんぜん明る~~い

ハロゲンタイプより明るいスーパーホワイトバルブを取付けているがヘットライトに細かい傷・曇りもある為、光も乱射して暗くなっている可能性も・・・・
画像


そこで自分の車も明るいめだまに交換することにした。

LEDより明るいHIDにするか?
取付が簡単なLEDにするか?
散々悩んだあげく・・・・
取付が簡単なLEDヘットライトバルブにした。

早速、amazonにて検索
高からず!安からず!高品質!
結局この製品にした。
画像


LED部はPHILIPS社製と書いてあるので、それを信頼して購入した。

レンズ部にシールを張ることでイエローバルブ・ルーメン(明るさ)変更ができるタイプ。
クーリングFanが付いてなくコンパクト。
本体からの配線の長さが短い。
画像

画像

画像


まずは取付いているバルブを外します。
画像

画像

画像

バルブを固定している「スプリング」を外すのに苦労する車もあるが、エッセはスペースがあるので非常に簡単です。

交換をするLEDバルブについている「つば」を外し最初に取付
画像

画像


あとは、元に戻すだけ~~~~


すると・・・・・・
ここでアクシデント発生

画像

写真を撮りながら作業をしていたので、映りやすい角度等を模索していたところ、バルブを車体にぶつけてしまい・・・・・
ガラスが破損してしまった

ハロゲンタイプやHIDタイプのバルブだと完全にNGだが・・・・・
これはLEDバルブ

ダメもとで点灯をさせてみると・・・・
点灯するではないか



はい
ここからのらくろの大冒険

割れたガラス部分の半分に付属のフィルムを張ってみました
画像


ヘットライトの「窯」はハロゲン用に開発されたもので、LEDバルブ・HIDバルブを取付すると上方向にも反射させるのであまりにも明るくすると対向車にパッシングされる確率があがる。
そのため極端に明るくしたくないので、フィルムは張りたくなかった。

こんな感じで取付は終了します。
画像



取付の感想は・・・・・

メチャ明るいっす

車の前に立って光射を確認するとメチャまぶしい
ダイハツ エッセにはライトの上下調整ができるので「2」に設定して走ってみたが、十分に使える明るさでした。


しばらく中途半端なフィルムを張ったバルブを使ってみま~~~す

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック