雨の中のGSX-R1000R試乗会

今年もバイク屋主催のSUZUKI竜洋試乗会に行って来ました
前日からの予報

当日には晴れることを祈り「てるてる坊主」を・・・・・・・
作りはしませんが、神様にお願いを
しかし、祈りは通じませんでした

最初からバイクで行く気など全くない自分はしもべの助手席でゆっくりと寛いで行くことに
スズキの竜洋までは『遠い~~』と何度も思っていたが今回は『ちか~~~~い』と思うほど楽ちんあっっっっという間についてしまった。


本日のゲストライダーは北川選手でした。
雨の中わざわざお越しくださりました。
画像




試乗会はGSX-R1000Rが8台・750・600・隼・GSX-S1000・750・V-stome1000・650・250・GSX-R250等が用意された。
画像
画像

画像


雨の中の試乗会は6回参加中・・・・・・3回目
神様が雨の中でも安全に走れるようになりなさいと自分に試練を与えているのだと理解悟った・・・・・
画像


テストコース内の待合場所は・・・・・
雨漏れ状態です
画像

画像

皆さまスズキのバイクを購入して屋根の修理代を出してあげましょう



最初に乗ったのは
GSX-R250
GSR250のエンジンを使いGSX-Rの名前をつけているが・・・・・
メチャ乗りやすくなっていて普通に乗るバイクには最適
低中速に振っているため扱いやすい。
トップスピードは140Km/hだった。
GSR250より10Km/hダウンしている。

次はGSX-S1000
実は750に乗ろうとして思っていたのに車輛を間違えてしまった
T/C(トラクションコントロール)が付いているが、雨の中でもスポーツ走行を楽しみたいと思いT/CはOFFにて乗る。

3回目・4回目は今回絶対乗ってみたかった、GSX-R1000Rに試乗した。
画像
画像


GSX-R1000RのT/Cは10段階で調整が出来る。
しかも、O/S(オートシフター)付きだった。
雨の中初めてのGSX-Rと言うことで最初はT/Cを『2』(OFFから2番目)で試乗をした。
先導車の後ろなので意外とカッ飛んでくれるこの位置先導車にピタっと張り付いて試乗をした。
クラッチを握らなくてもシフトのアップダウンが出来るO/Sに手こずる
アクセルを開けたままシフトアップが出来ることが確認出来たが、コーナーではいつものごとくダウンする時はクラッチを握ってしまう。
1速ダウンするつもりが2速ダウンしてしまいメーター内に何かのランプが点灯
回転計を見るとレットまで行っていたが・・・・・
バイクは全く安定している。そのままの状態を維持できる。

S-DMS(スズキドライブモード)やT/Cの制御のせいかなぁ??

3回目以降からはオートシフターの使い方も慣れて来て、T/CをOFFで試乗。
一度も不安定になりことがなかった。

画像

画像

画像


雨天の為、今回は243km/hが最高スピードでしたぁ
画像


散々試乗した後、着替えて写真撮りに専念していると・・・・・・・
最後は2週続けて走行しま~~~すだと~~~~
着替えなければよかった

参加者の皆さま
雨の中お疲れさまでしたぁ

それにしても・・・・・・・
雨の中・・・・
みなさん・・・・・・

アホですね~~~

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック