ESSE ドライブシャフトブーツ交換 VerⅡ

仕事中にブログを打っているのでとても時間がかかってしまう
今回も「ドライブシャフトブーツの交換」の続きで~~~す
画像

ダイハツ エッセから取外したドライブシャフト
ブーツを取外します。
アウター側のブーツを取外す場合もインナー側から取外しをします。

ブーツのバンドを取外します。
マイナスドライバーを使いコジるながら外しま~~す。
画像


バンドを外すとハウジングが「スポッ」と外れます。
グリスが飛び出るので気を付けて
画像

バンドを外した時【どの方向にバンドを止めていたか?】覚えておいてください。
取付時バンドの回転方向も関係しますので・・・・・


ベアリング部分を外しますが、スナップリングで固定されています。
スナップリングプライヤーと言う特殊工具があれば楽に外れます。
無い場合・・・・
マイナスドライバーや先の尖った物で地道に取外してくださいね
画像


ベアリングがバラバラにならないように気を付けてください。
自分の場合は必ず落ちないようにテーピングをしておきます。
画像

画像



これから組み付け作業になります。
シャフトにブーツを入れますが、バンドがかかる部分には油脂が付かないようにします。
油脂を付けるとグリスの「はみ出し」がおこる原因になります。
水分かパーツクリーナで湿らすと良いと思います。
画像

バンド(小)➡ブーツ➡バンド(大)の順番でバンドの方向を間違わないように・・・・
回転方向の逆方向にバンドを倒します。
画像

画像

画像

画像

ハウジング内も綺麗にして、モリブデン入りのグリスを注入します。

バンドを締め付けますが、バンドにはメーカーにより何種類かあります。
こちらも特殊工具があると便利ですが無い場合は、ドライバー・プライヤー・ペンチ等を使って地道に・・・
画像

画像


自分の場合は、カットをしたバンドを隙間に入れて潰します(固定)
画像

画像

画像


シャフトをミッション側に差し込みますが、オイルシールを傷つけないように慎重に
Cリングがしっかりしているか確認
くたびれていたら必ず交換をしてください。内部で折れたら・・・・
軽く回しながらロックするところを見つけ「バコン」と押し込みます。
画像

後は足回りを組み付けていきます。
画像

締め付けトルクがありますので必ず規定トルクで締め付けてくださいね

自分は・・・・・
得意の【のらくろトルク】で締め付けをしましたぁ
解説・・・・のらくろトルク➡「ある程度締まっていれば支障がない」のらくろ独自の基準トルク

またまた長くなってしまったので・・・・・
フロントパットの交換は次回に・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック